2017年6月24日土曜日

任天堂株の最低購入額は約380万円 もっと安く買う方法は? 今週のインデックス投信の値動きとNISA口座(170624)

今週のニュースと値動き NISAは?

気になるニュース

家庭用ゲーム機(Nintendo Switch)が好調な任天堂の株式売買代金が、東証一部全体の10%に達しているそうです。ポケモンGOが話題だった頃は20%を超えた日もあったようですが、株価はポケモンGOブーム時よりも高くなっていて3万8千円を超えています。売買代金は100株単位ですから、最低購入代金は380万円強と個人投資家には敷居が高いですよね。

証券会社によっては単元未満の株でも売買できるところがあります。たとえばSBI証券では1株から投資可能で議決権はないものの配当も受け取れます。指値での注文はできず成行注文で手数料も割高など欠点もありますがNISA預りにすることも可能です。単元未満株(S株)を参照。もっとも、ゲーム関連株は浮き沈みが激しくハイリスク・ハイリターンの典型かもしれません。

楽天Kobo任天堂“驚き”を生む方程式【電子書籍】[ 井上理 ]
AmazonNintendo Switch[ 任天堂 ] 品薄のお詫びとお知らせ(任天堂)

インデックスファンド等の値動き

たわらノーロード日経225・先進国株式・新興国株式・国内債券・先進国債券・国内リート・先進国リート、eMAXIS新興国債券インデックス・新興国リートインデックス、ひふみプラス、iFreeNYダウ・インデックス、i-mizuho米国株式インデックスファンド、eMAXIS バランス(8資産均等型)、世界経済インデックスファンド、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド騰落率一覧
2017年6月23日現在

直販のひふみ投信の口座開設者向けの6月中間レポートによると、ひふみ投信は米国株への投資を開始したそうです。ひふみプラスやひふみ年金も、ひふみ投信とマザーファンドを共有しています。今のところ米国株の比率は全体の10%以下を想定しているようです。

NISA口座

2017年6月23日現在NISA口座
2017年6月23日現在

「先週末比損益」は約1万8千円の黒字です。

保有している投資信託の主な銘柄は5月末から変わりありません。毎月、「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」を59,000円、「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」を28,000円、「世界経済インデックスファンド(株式シフト型)」を13,000円、それぞれ積み立てています。

個人型確定拠出年金(iDeCo)等と合算して株式インデックスファンドとバランスファンドの比率が2対1になるように投資しています。

証券会社で来年の「つみたてNISA」の紹介が始まったみたいですね。証券会社ごとに対象商品がどうなるのかが気になります。

2018年以降もNISA口座を利用する場合、2017年9月末がマイナンバーの提出期限になっているので注意してください。提出しないと再度NISA口座の開設手続きが必要になります。

今週の記事

6月なので、もし年初から積立投資を始めていたら約半年間の成績は?という記事を書いてみました。NISAの非課税投資枠は年間120万円(来年スタートのつみたてNISAは年間40万円)ですが、投資枠を無理に全部使いきる必要はありません。

安全資産である預貯金の積み立てと両立できる範囲で利用すればいいですよね。

今週の記事
年初から約半年 毎月1万円の積立投資の成果は?世界経済IF eMAXISバランス(8資産) セゾンGバランス
年初から約半年 毎月1万円の積立投資の成果は?ひふみプラス SBI中小型割安成長株Fジェイリバイブ
年初から約半年 毎月1万円の積立投資の成果は?NYダウ、S&P500に出遅れていた米国株配当貴族が復調?
バランスファンドの成績は物足りない?トランプ相場前を振り返ってみる NISAにはデメリットも
「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」設定後1か月の成績をiFreeや世界経済IF、セゾンと比較
ニッセイ、たわら、eMAXIS Slimなど先進国株式インデックス投信の過去3か月~3年の騰落率は?

過去記事の紹介
NISAで毎年一括投資 ひふみ投信、ジェイリバイブ、EXE-iグローバル~など中小型株投信の成績は?
NISAで毎年年初に一括投資 i-mizuhoハイイールド債券インデックス バランス投信より好成績だけど…
ニッセイ外国株式インデックスファンド信託報酬引下後の成績をたわらノーロード先進国株式と比較

関連記事
日本初 損失限定保証付き投資信託「あんしんスイッチ」登場 今週のインデックス投信の値動きとNISA口座(170617)

楽天Kobo日本ゲーム産業史ゲームソフトの巨人たち【電子書籍】[ 日経BP社 ゲーム産業取材班 ]
Amazon Kindle任天堂ノスタルジー 横井軍平とその時代【電子書籍】[ 牧野武文 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログのリンク集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログのリンク集
ブログ村 家計管理・貯蓄
家計管理・貯蓄が話題のブログのリンク集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング

2017年6月23日金曜日

ニッセイ、たわら、eMAXIS Slimなど先進国株式インデックス投信の過去3か月~3年の騰落率は?


ニッセイの「<購入・換金手数料なし>」やアセットマネジメントONEの「たわら」、大和の「iFree」など、最近、インデックスファンドの低コスト化が一段と進んでいます。

将来にわたって業界最低水準の運用コストをめざすという、三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim」も登場しました。

いくつものシリーズが競合するインデックスファンドの中で、先進国株式インデックスファンドの実際の運用成績を比較してみました。

2017年6月22日木曜日

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」設定後1か月の成績をiFreeや世界経済IF、セゾンと比較

キリン写真

機動的に信託報酬を引き下げることによって常に業界最低水準をめざすという「eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)」に、バランスファンドの「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」が2017年5月9日に追加されました。

設定されてから1か月強の運用成績を、既存の「eMAXIS バランス(8資産均等型)」や、ライバルの「iFree8資産バランス」や「世界経済インデックスファンド」、「世界経済インデックスファンド(株式シフト型)」、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と比較してみました。