2016年9月30日金曜日

意外?「SMT米国配当貴族」の組入銘柄の配当利回りは外国株式インデックスより低い

木の実をついばむ小鳥(ヒヨドリ)写真

記事の最後に2017年3月末のデータを追記しました。

配当も基準価額を動かす要素の一つ

分配金を出さない方針のインデックスファンドだと配当はファンド内で再投資されていてなかなか意識することはありませんが、配当の利益も投資信託の基準価額を左右する要素の一つですよね。

外国株式や債券、REIT(不動産投資信託)のインデックスファンドの配当利回りについて各投資信託の月次レポート(2016年8月末現在)から調べてみました。

2016年9月29日木曜日

インデックスファンドの組入銘柄の平均利回り(国内株式、債券、REIT)

木の実を手にしたリス写真

配当も基準価額を動かす要素の一つ

分配金を出さない方針のインデックスファンドだと配当はファンド内で再投資されていてなかなか意識することはありませんが、配当の利益も投資信託の基準価額を左右する要素の一つですよね。

国内株式や債券、REIT(不動産投資信託証券)のインデックスファンドの配当利回りについて各投資信託の月次レポート(2017年3月末現在)から調べてみました。

2016年9月28日水曜日

10年以上の長期で見た海外株式インデックス投信の為替ヘッジありなし成績比較

10年以上の長期で見た場合、為替ヘッジのありなしが投資信託の成績にどれくらい影響を及ぼすものなのでしょうか。

日本を除く先進国を投資対象とした海外株式インデックスファンドについて調べてみました。

2016年9月27日火曜日

現時点では好調な為替ヘッジ型投資信託ですがヘッジコスト負担は意外と大きい?

為替ヘッジ型投資信託が好調

円高が急激に進む今年、為替予約取引や先物取引などを使って為替リスクの低減をはかった為替ヘッジ型投資信託が好調なようです。

下の表は外国の資産に投資する投資信託の為替ヘッジ型と為替ヘッジなしの過去1年の騰落率の差をまとめたものです(Funds-iシリーズの2016年8月末現在の月次レポートを参照)。

先進国を対象とした外国株式、債券、REIT(不動産投資信託)、新興国の債券、いずれも為替ヘッジ型が為替ヘッジなしの成績を大きく上回っています。

2016年9月26日月曜日

SMT米国株配当貴族の設定来の成績はSMTダウ・ジョーンズやグローバル株式に劣後

FRBが利上げを先送り

アメリカの中央銀行にあたる米連邦準備理事会(FRB)が21日まで開催した米連邦公開市場委員会(FOMC)で追加利上げを先送りしたためドルが下落し、それまで軟調だった米国株は上昇しました。

2016年9月25日日曜日

SMT日本株配当貴族の設定来の成績はSMT日経やTOPIXを上回るもひふみプラスに劣後

9月の日銀の金融政策決定会合の結果は?

9月21日の日銀の金融政策決定会合で異次元緩和の「総括な検証」が行われました。

その結果、ETFの買い入れ比率が変更されて、対象銘柄の限られた日経平均連動型が減り、東証一部上場の全銘柄を対象としたTOPIX連動型を増やすそうです。

日本株の底上げがされそうですが、この流れに乗るのか、それとも株価がつり上げられていると見て逆に敬遠すべきなのか、悩ましいところですよね。

2016年9月24日土曜日

「eMAXISバランス(8資産均等型)」と「iFree8資産バランス」成績比較

バランスファンド特徴

eMAXISバランス(8資産均等型)」と「iFree8資産バランス」はどちらも低コストで世界中の資産に分散投資できるバランスファンドです。

先進国、日本、新興国の株式、債券、REIT(不動産投資信託。新興国は対象外)に幅広く投資することができます。

運用管理費用は後発の「iFree8資産バランス」がより低コストです。

2016年9月23日金曜日

NISAで年初に一括投資 eMAXISバランス(8資産均等)とFunds-iバランス為替ヘッジの成績


※ 記事の最後に2017年6月1日現在のデータを追記しました。

あれこれ悩むよりバランスファンドでいいのかも?

NISA(少額投資非課税制度)が始まる前は世界経済インデックスファンドに投資していて、NISAが始まってからは世界経済インデックスファンド(株式シフト型)と外国株式(先進国株式)インデックスファンドに投資していました。

新興国を多めに含む世界経済インデックスファンド(株式シフト型)の値動きの激しさに、途中から外国株式インデックスファンド一本に切り替えました。その後、スマートベータ戦略ファンドや日本株式インデックスファンドにも投資してみました。

いろいろ迷走した挙句、結局、一周回って、内外の資産にほどよく分散されたバランスファンドでよいのではという気がしてきました(苦笑)。

2016年9月22日木曜日

NISAで年初に一括投資 SBI資産設計オープン(スゴ6)がSMTグローバル株式より好成績

荒れ模様の株式相場とバランスファンド

株式相場が荒れ模様の時こそバランスファンドの真価が発揮されるのではと思っていましたが、現時点(2016年9月20日)では新興国の不調に水を差されて「世界経済インデックスファンド」の成績は、むしろ「SMTグローバル株式インデックス・オープン」より振るいませんでした。では老舗のバランスファンドで、もう少し保守的な資産配分だったらどうかということで、「SBI資産設計オープン(資産成長型)愛称スゴ6」に注目してみました。

2016年9月21日水曜日

NISAで年初に一括投資 SMTグローバル株式が世界経済インデックスファンドより好成績

世界経済インデックスファンドと株式インデックスファンド

ここのところ米国の利上げ観測をめぐり株式相場が荒れ模様なので、外債の割合が高いとはいえ債券を50%含むバランスファンドの「世界経済インデックスファンド」のほうが、日本を除く先進国の株式に投資する「SMTグローバル株式インデックス・オープン」より好成績なのではと思い込んでいました。

2016年9月20日火曜日

株価暴落に備えるなら国内債券が王道?SMT国内債券インデックスの成績を振り返る

米国の利上げ観測によって株式市場が荒れ模様なので、債券や債券を含むバランスファンドの魅力が改めて見直されそうです。

特に国内債券は為替リスクもないので値動きの荒い株式のクッション役として欠かせない存在ですよね。

2016年9月18日日曜日

リーマンショック時の株式インデックスファンドとバランスファンドの下落率くらべ

株式相場のピークも近い?

最近、スマートベータ戦略の投信信託の設定が相次いでいます。

需要のあるところに供給ありということであれば、普通のインデックスファンドでは儲からないと感じている人が多くなってきたのかもしれませんね。だとすれば、株式相場のピークも近いということでしょうか。

2016年9月17日土曜日

米国の利上げで株価が暴落する?リーマンショック時の株式インデックス投信の下落率

現状はまだ利上げの初期段階

米国の利上げ観測をめぐり株式市場が荒れ模様で、為替相場も乱高下しています。

確かに理論的には利上げされると景気にブレーキがかかり株式相場も下落しますが、まだ利上げの初期の段階で大騒ぎしすぎじゃないかという見方もあるようです。

2016年9月15日木曜日

米国の利上げに振り回されるなか月初からの世界経済インデックスファンドほか騰落率

日本株はバランスファンドの一部だけでいい?

日本株式への投資割合が少ないので、日経平均が下がっているこの機会にと思って「SMT日本株配当貴族」を特定口座で毎日1万円ずつ買い増ししています。

けど、これって傷口を広げてるだけですね。やっぱり毎月、決めた金額だけ淡々と積み立てていくほうが精神的に楽かな。

2016年9月14日水曜日

「eMAXISバランス(8資産均等型)」と「iFree8資産バランス」簡易比較

資産配分

eMAXISバランス(8資産均等型)」と「iFree8資産バランス」を簡単に比較してみたいと思います。どちらも日本を含む世界各国の株式、債券、不動産投資信託(REIT)に幅広く投資していて、各資産の配分比率は均等になっています。

2016年9月13日火曜日

ひふみで組入2位のソニーは10月発売のVRでポケモンやマリオの盛り上がりに続けるか?

ソニーのVRゲームが10月発売

ポケモンGO」の流行やアップルの発表会で注目を集めた「スーパーマリオラン」など、経済ニュースでもゲーム関連の話題が続きますけど、来月発売予定のソニーのVR(仮想現実)ゲームは、ゲーム業界や関連株のさらなる盛り上げにつながるでしょうか。

2016年9月12日月曜日

2016年9月11日日曜日

SMT日本株配当貴族が好成績!SMT日本株配当貴族>ひふみプラス>SMT日経225

富士山写真

記事の最後に2017年5月12日現在のデータを追記しました。

日本株投資信託の成績

2016年8月30日設定で、まだ始まって営業日で一週間ちょっとですが、今のところ「SMT 日本株配当貴族インデックス・オープン」がなかなかの好成績のようです。

2016年9月10日土曜日

SMT米国株配当貴族の成績がさえない SMTダウ・ジョーンズ、SMTグローバル株式に劣後

米国の国章ハクトウワシ写真

記事の最後に2017年5月9日現在のデータを追記しています。

SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン」は25年以上連続して増配している銘柄を対象としたS&P500配当貴族指数をベンチマークにしたインデックスファンドです。

米国株式投信ほかと成績比較

今のところ「SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン」は、ほかの米国株式や外国株式を対象とするインデックスファンドとくらべて成績がさえないようです(2016年9月9日現在)。

2016年9月8日木曜日

「日経平均株価に楽天が採用!」を利用した投資法(インデックスファンドの欠点)

インデックスファンドの欠点

インデックスファンドの欠点として、指数の銘柄の入れ替えが起きると追加される銘柄が割高になりがち、と言われています。

2016年9月7日水曜日

日本株投信を買ったら、その夜に円高に! 株価の下落時に利益が出るベアETFで相殺できる?

クマ写真
クマが手を振り下ろす形の弱気相場に対応するには?

相場はいつでも好調とは限らず、時に荒れ模様になることもあります。思わぬ急落に備える方法はあるでしょうか?

投資の神様は意地悪?

国内株式への投資の割合が低いので日本の株式に投資するインデックス型投資信託を買ったら、その日の夜にアメリカの経済統計が悪化して円高に。

投資の神様は本当に気まぐれですね。日経平均先物も急落しています。

少しずつ投資信託を買い増して平均所得単価を下げるべきでしょうか? でも、ますます円高が進んだらと思うと怖いですよね。

アメリカの経済統計が悪化して利上げが遠のくだろうと思われてアメリカ自身はむしろ株高なのに、逆に日本は円高で株安って経済の動きは面白いですけど、投資って難しいですね。

その点、バランスファンドだと日本の株だけを買うわけじゃないし、積み立てていくうちにホドホドの買値に落ち着くだろうって思えるから、気が楽ですよね。

ベア型ETFで相殺するという手もありますが…

日本株が値下がりした時の保険として、インバース型上場投資信託(ベア型ETF)という商品もあります。

日経平均等の指標とは逆の値動きをする商品なので、指標が下がった時に値上がりします。

ただ初心者だと、株や投資信託の値下がりが怖くなって持ち高を減らして損を出してしまい、慌てて保険を掛けた時が株価の底で、そこから株価が反転してベア型ETFでまた損をする、なんていう泣き面に蜂な目にあいそうですよね(苦笑)。

ベア型ETFは短期投資向けで長期だと次第に減価する欠点もあります。

先が読めないのであれば、為替リスクを低減できる為替ヘッジつきの投資信託にも一定の割合で投資しておく、くらいが無難なところでしょうか。

たとえば「Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型」であれば、バランスファンドなので投資先の分散も同時に実現できます。

関連記事
米国名門大学の寄付金運用を模倣『GCIエンダウメントファンド』のオルタナティブ戦略とは?8資産均等型や世界経済IF、Funds-i内外7資産バランス・為替ヘッジ型と比較

楽天Kobo知らないと損する 池上彰のお金の学校【電子書籍】[ 池上彰 ]
Amazon Kindleものぐさ投資術「定額積み立て分散投資」入門【電子書籍】[ 朝倉智也 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログのリンク集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログのリンク集
ブログ村 家計管理・貯蓄
家計管理・貯蓄が話題のブログのリンク集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング

2016年9月6日火曜日

SMTインデックスバランス・オープンと世界経済インデックスファンド比較その3

ケープタウン(南アフリカ)写真
ケープタウン(南アフリカ)

SMTインデックスバランス・オープン」や「世界経済インデックスファンド」と一部マザーファンドを共有している先進国株式、先進国REIT、新興国株式、新興国REITそれぞれのインデックスファンドの成績を確認してみました(2016年7月末現在)。

記事の最後に2017年4月のデータを追記しています。

2016年9月4日日曜日

インデックスファンドを利用した積立投資の心構えとは?米雇用統計に一喜一憂する必要はない?

アメリカの国旗模様の風車
経済の風向きを知ることも大事だけれど……

景気動向を知るための手がかりとしてアメリカの雇用統計が注目されています。

長期投資を前提とした積立投資の場合、短期の動向にあまり一喜一憂しても精神的に疲れてしまいますよね。

インデックスファンドを利用した積立投資の心構えについて、簡単にまとめてみました。

2016年9月1日木曜日

NISAで積み立て投資をはじめて2年と8カ月がたちました(2016年8月末NISA損益)

NISA口座の成績は?
2017年3月末NISA口座の成績は?

NISA口座の8月まとめ

8月は円高が進みドル円が一時1ドル100円を切ることがありましたが、下旬にはアメリカの利上げが意識されて103円まで戻しました。

NISA口座の損益は前月末比では微マイナスで、ほぼ変わらずでした。