2017年1月31日火曜日

確定拠出年金 投信比較 たわらノーロード日経225(楽天) ニッセイ日経225インデックス(SBI)

Pension

個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛け金の上限(月額)は、自営業者は68,000円、企業年金なしの会社員や専業主婦(夫)は23,000円、企業年金のある会社員は20,000~12,000円、公務員は12,000円となっています。

2017年1月30日月曜日

確定拠出年金 投信比較 たわらノーロード先進国株式(楽天) DCニッセイ外国株式インデックス(SBI)

Pension

法改正により今年から個人型確定拠出年金(iDeCo)は60歳未満のすべての人が加入できるようになりました。掛け金が全額所得控除の対象となり所得税や住民税が軽減される優遇措置を受けることができます。

2017年1月29日日曜日

トランプ銘柄投信「米国インフラ・ビルダー株式ファンド」運用開始 iFreeNYダウほかと成績比較

工事現場

日本経済新聞で報道されていた、アメリカのトランプ大統領が掲げるインフラ投資政策関連の銘柄に投資する投資信託が17日に運用が開始されたので、その成績を米国株式インデックスファンドや先進国株式インデックスファンドと比較してみました。

2017年1月28日土曜日

米国TPP離脱 輸入品に高関税?今週の気になるニュースとインデックスファンドの値動き(170128)

今週のニュースと値動き

気になるニュース

アメリカのトランプ新大統領はTPPから離脱し自国に有利な2国間の経済連携協定をめざす考えのようですね。貿易赤字国からの輸入品に高関税を課す、あるいは協定に通貨安誘導を監視する為替条項を盛り込むのでは、という報道もありました。

2017年1月27日金曜日

個人型確定拠出年金 野村世界REITとEXE-iグローバルREITファンド積立成績比較(SBI証券iDeCo)

ニューヨーク写真
グローバルREIT積立成績くらべ

アメリカの利上げにともなってREIT(不動産投資信託)の値下がりが心配されていますが、長期で少しずつコツコツと積み立てていくのであれば安値で仕込むチャンスかもしれませんね。

2017年1月26日木曜日

個人型確定拠出年金 三菱UFJとEXE-i新興国インデックスファンド積立成績比較(SBI証券iDeCo)

パンダ写真
iDeCoの新興国インデックスファンド積立成績くらべ

※ 記事の最後に2017年7月7日現在のデータを追記しています。

25日、アメリカの株式市場でダウ平均株価(NYダウ)が2万ドルの大台を突破したそうです。その一方でトランプ大統領の米国第一主義により新興国から投資資金が流出して、新興国資産が割安な状態で放置されるなら、むしろ投資のチャンスという見方もあるでしょうか。

2017年1月25日水曜日

個人型確定拠出年金 先進国、国内株式インデックスファンド、バランス投信 積立成績比較

ライオン写真
株式インデックス投信と攻撃的な(?)バランスファンド比較

個人型確定拠出年金(iDeCo)で投資できる先進国株式インデックスファンド、国内株式インデックスファンド、株式比率の高いバランスファンドの成績を確認してみました。

2017年1月24日火曜日

個人型確定拠出年金 ミドルリスク・ミドルリターンのバランスファンド 外貨建て比率で成績比較

成績を確認中?
外貨建て比率でバランスファンドの成績は変わる?

個人型確定拠出年金(iDeCo)で投資できるミドルリスク・ミドルリターンのバランスファンドで外貨建て比率の違いによって成績は変わるものなのか確認してみました。

2017年1月23日月曜日

個人型確定拠出年金の株式比率を選べる投信で、株式多め債券少なめのバランスファンドの成績は?

Pension
ある程度リスクを取って攻めの運用するなら?

株式の比率を選べるタイプのバランスファンドを個人型確定拠出年金(iDeCo)でも見かけますよね。株式多め債券少なめのバランスファンドである程度リスクをとって運用したとしたら成績はどんな感じなのか確認してみました。

2017年1月22日日曜日

個人型確定拠出年金でよくある新興国資産を含まず債券多め株式少なめのバランス型投信の成績は?

Pension
iDeCoで手堅い運用をするなら?

株式の比率を選べるタイプのバランスファンドを個人型確定拠出年金(iDeCo)でも見かけますよね。新興国を含まず債券多め株式少なめのバランスファンドで手堅く運用したとしたら成績はどんな感じなのか確認してみました。

2017年1月21日土曜日

トランプ相場の賞味期限は?今週の気になるニュースとインデックスファンドの値動き(170121)

「今週のニュースと値動き」写真

気になるニュース

今週の大きなニュースは、やはりアメリカのトランプ新大統領の就任イギリスの首相がEU単一市場からの撤退を表明したことでしょうか。

2017年1月20日金曜日

iFree8資産バランスの株式の組入上位銘柄は新興国ばかり 世界最強の米国企業はどこへいった?

アメリカン・ショートヘア写真
どこに隠れてるの?

アメリカの企業はどこへ?

「iFree 8資産バランス」の月次リポート(PDF)を見ると、株式の組入上位10銘柄のうちブラジルの企業が5銘柄、ロシアと日本の企業が2銘柄ずつ、中国の企業が1銘柄と新興国がほとんどです(2016年12月末)。世界最強とうたわれたアメリカの企業はどこへ行ってしまったのでしょう?

2017年1月19日木曜日

2016年の債券インデックスファンドの積立投資での成績は意外と悪くない?個人向け国債と比較

成績を確認中?
債券ファンドの積立投資の成績は意外と悪くない?

2016年の債券インデックスファンドの積立投資での成績を確認してみました。「たわらノーロード 国内債券」、「たわらノーロード 先進国債券」、「eMAXIS 新興国債券インデックス」の3つが対象です。

2017年1月18日水曜日

トランプ発言で一時1ドル112円台の円高に インデックスファンドの積立投資なら株安が待ち遠しい?

足踏み中写真
株価も足踏み中?

17日、トランプ次期大統領がウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで中国が為替操作をしていると批判しドル高への警戒感を示したことから、円相場が一時1ドル112円台まで値上がりしました。

2017年1月17日火曜日

トランプ銘柄投信『米国インフラ・ビルダー株式ファンド』登場 テーマ型投資信託への期待と不安

モニュメント・バレー写真
モニュメント・バレー(アメリカ)

記事の最後に2017年8月21日現在のデータを追記しました。

アメリカのトランプ次期大統領が掲げるインフラ投資政策関連の銘柄に投資する投資信託『米国インフラ・ビルダー株式ファンド』(PDF)が今月中にも販売される見込みだそうです(日経)。

時流に乗って資産を増やせればいいですが、流行のテーマのようにも思えて期待できそうな反面、果たして本当にうまくいくのかなと心配にもなりますよね。

2017年1月16日月曜日

トランプ次期大統領が米国第一主義なのは当然としても一投資家も米国株式偏重でいいの?

鷲写真

トランプ大統領がドイツ紙のインタビューでドイツ自動車大手BMWがメキシコで生産しアメリカに輸出する車に35%の税を課す考えを明らかにしたそうです(ロイター)。米国に工場を作るべきだとも。

2017年1月14日土曜日

トランプ大統領を裏で操るロシアの覇権時代がくる!?ロシア株式に投資する投資信託の成績は?

ペテルゴーフ宮殿(ロシア)写真
サンクトペテルブルグのペテルゴフ宮殿(ロシア)

先日のトランプ次期アメリカ大統領の記者会見でも、ロシア政府とトランプ陣営が選挙中に情報交換をしていたのではないか、あるいはロシア政府にトランプ氏は彼個人の都合の悪い情報を握られているのではないかという疑惑が取りざたされていました。

2017年1月13日金曜日

トランプ次期大統領が米国第一主義によって世界経済を混乱させるなら、むしろ投資のチャンス?

ホワイトハウス写真
ホワイトハウス(ワシントンD.C.)

トランプ氏の記者会見

次期アメリカ大統領のトランプ氏は大統領選後初めての記者会見でアメリカの利益を優先することを強調し、日本や中国、メキシコとの貿易が不均衡であると訴えました。国境に壁を作るとも。

2017年1月12日木曜日

トランプ氏会見後円高に 2016年の先進国株式投信の積立投資の成績を為替ヘッジの有無で比較

グランプラス(ベルギー)写真
世界遺産ブリュッセルのグランプラス(ベルギー)

次期アメリカ大統領のトランプ氏の記者会見後、減税などの景気刺激策への具体的な言及がなかったことからドルが売られ、円相場が一時1ドル114円台前半まで値上がりしました。日本や中国、メキシコとの貿易が不均衡であると保護主義的な主張をしたことも懸念材料でしょうか。

2017年1月11日水曜日

2016年積立投資の成績比較 Funds-i内外7資産バランス・為替ヘッジ型と世界経済インデックスファンドほか

コペンハーゲン(デンマーク)写真
コペンハーゲン(デンマーク)

野村インデックスファンド「Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型」の2016年の積立投資の成績を「世界経済インデックスファンド」や「eMAXISバランス(8資産均等型)」と比較してみました。

2017年1月8日日曜日

利上げによる資金流出が心配される海外REIT(たわらノーロード先進国リート)の2016年の成績は?

ミラノ大聖堂(イタリア)写真
ミラノ大聖堂(イタリア)

アメリカの追加利上を意識して投資資金が流出していると言われる海外REIT(不動産投資信託)ですが、2016年の成績がどんなものだったのか確認してみました。

2017年1月7日土曜日

ニッセイ外国株式インデックスファンド信託報酬引下後の成績をたわらノーロード先進国株式と比較

パリのエッフェル塔(フランス)写真
パリのエッフェル塔(フランス)

※ 記事の最後に2017年6月22日現在のデータを追記しています。

「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」(以下「ニッセイ外国株式インデックスファンド」と省略して記載)の信託報酬(年率)は、2016年11月22日より従来の税抜0.24%から税抜0.2%に引き下げられています(PDF)。

2017年1月6日金曜日

iFree外国株式インデックスやiFreeNYダウ・インデックスを他の先進国・米国株式投信と成績比較

自由の女神像

※ 記事の最後に2017年9月11日現在のデータを追記しました。

2016年9月に設定された低コスト・インデックスファンド『iFree』シリーズのうち『iFree 外国株式インデックス』と『iFree NYダウ・インデックス』の特徴と運用実績について、他社の先進国株式インデックスファンドや米国株式(NYダウ)インデックスファンドとくらべてみました。

2017年1月5日木曜日

iFree外国株式インデックスよりiFree新興国株式インデックスが好成績 新興国投資は本当に不要?

タージ・マハル写真
タージ・マハル(インド)
ここ数年、新興国株式インデックスファンドの成績が先進国株式インデックスファンドにくらべ低迷していることから、新興国への投資はリターンとリスクの高さが見合っていないのではと懐疑的に見られているようです。新興国資産は本当に不要なのでしょうか?

2017年1月3日火曜日

iFree8資産バランスやeMAXISバランス(8資産均等型)と親ファンド共有の新興国株式投信比較

ガルーダ写真
神鳥ガルーダ(インドネシア)

バランスファンドである「iFree 8資産バランス」や「eMAXIS バランス(8資産均等型)」の新興国株式部分とマザー(親)ファンドを共有するiFreeシリーズとeMAXISシリーズそれぞれの新興国株式インデックスファンドを比較してみました。

2017年1月2日月曜日

積立投資は赤字のほうがうまくいく?波乱の相場で赤字続きだった2016年NISAの積立投資を振り返る

ビッグベン写真
中国ショック、英国のEU離脱騒動など2016年は波乱続き

チャイナショック、イギリスの国民投票によるEU離脱騒動など2016年の株式相場は波乱続きでした。荒れ模様の相場を受けて赤字まみれだったNISA口座の損益の推移を振り返ってみたいと思います。

2017年1月1日日曜日

個人型確定拠出年金(iDeCo)や特定口座の成績(2016年12月末)とiDeCoの解説サイト紹介

ツル写真
あけましておめでとうございます

今年から対象者が増えて基本的に60歳未満の全ての成人が利用できるようになった個人型確定拠出年金(iDeCo)の2016年12月末の成績を確認してみました。特定口座の2016年12月末の成績もいっしょにまとめてみました。