NISAで毎年年初に一括投資 新興国株式の通算成績が先進国株式を逆転 やはり投資先の分散が大事?

5月 31, 2017

ビクトリア・ハーバー(香港) リスクの高さとリターンが見合っていないのではと新興国への投資に懐疑的な見方もあるようです。新興国投資不要論を聞くことさえありますが……。 過去記事 に追記する新しいデータを作成している際に気が付いたのですが、 NISAで毎年年初に一括投...

続きを読む »

好調な投資信託への積立額を増やしていいものか悩む ひふみとSBI中小型割安成長株ファンドジェイリバイブ

5月 30, 2017

※ 2017年11月1日現在のデータに更新 しました。 NISAでは先進国株式インデックスファンドとバランスファンドを組み合わせて投資しています。個人型確定拠出年金(iDeCo)では先進国株式インデックスファンドを中心に投資していましたが少額、 国内株式アクティブファン...

続きを読む »

『グローバル・フィンテック株式ファンド』仮想通貨が話題ですが金融と情報技術を融合するフィンテック関連株式に投資する投資信託の実力は?

5月 29, 2017

※ 記事を更新しました(2018年1月10日)。 「 フィンテック(FinTech) 」、テレビのニュースや新聞で耳にしたり目にしたこともあるでしょうか。 「金融(Finance)」と「技術(Technology)」を組み合わせた造語で、 情報技術を活用した新しい金...

続きを読む »

顧客本位を訴える金融庁のせいで毎月分配型投信の販売が不調?他に合理的な選択があるからでは?

5月 28, 2017

顧客本位を訴える金融庁のせいで金融機関が販売自粛を強いられ毎月分配型の投資信託が売れ行きが落ち込んでいると経済紙が記事にしています。 以前には毎月分配型の投資信託にもこまめに利確したいという顧客のニーズがあると書いていました。今度は金融庁の方針のせいで国内REITを保有...

続きを読む »

確定拠出年金 投信比較 SBI証券iFree8資産バランス 楽天証券セゾン・バンガード・グローバルバランス

5月 25, 2017

世界遺産CST駅(インド) 法改正により今年から個人型確定拠出年金(iDeCo)は60歳未満のすべての人が加入できるようになりました。 今月、SBI証券と楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)で証券会社に支払う手数料の無料化が発表されました(※)。ともに加入・移...

続きを読む »

確定拠出年金 SBI証券と楽天証券 先進国株式投信比較 ニッセイとたわらとiFreeNYダウ

5月 23, 2017

※  記事の最後に2017年8月23日現在のデータを追記 しています。 今月、SBI証券と楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)で証券会社に支払う手数料の無料化が発表されました(※)。ともに加入・移換時の手数料と毎月の管理手数料が無料となり費用の面で両者に差はなくな...

続きを読む »

新興国投資の光と影 豊富な人口と資源を持ちオリンピックも開催された国の投資信託の成績は?

5月 22, 2017

コルコバードの丘(ブラジル) ※ 記事の最後に 2017年8月10日現在のデータを追記 しました。 南米経済の大国ブラジル はサッカーのワールドカップやオリンピック開催による一層の経済発展が期待されていました。リオデジャネイロ五輪のあった2016年、ブラジルの株式に...

続きを読む »

確定拠出年金 SBI証券と楽天証券 国内株式投信比較 ニッセイとたわら 年初から積立で今いくら?

5月 21, 2017

今月、SBI証券と楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)で証券会社に支払う手数料の無料化が発表されました(※)。ともに加入・移換時の手数料と毎月の管理手数料が無料となり費用の面で両者に差はなくなりましたが、商品ラインナップには違いがあります。 SBI証券と楽天証券の...

続きを読む »

楽天証券とSBI証券の個人型確定拠出年金が手数料0円に 両社の主な投信比較 今週のインデックス投信の値動きとNISA口座(170520)

5月 20, 2017

気になるニュース 楽天証券とSBI証券の 個人型確定拠出年金(iDeCo) で 証券会社に支払う 手数料の無料化 が発表されました。国民年金基金連合会および事務委託先金融機関(信託銀行)への加入・移換手数料(税込2,777円)、口座管理手数料(毎月167円)は別にかかり...

続きを読む »

NISAで投資信託を1月から積み立てたら今いくら?円高株安になったら投資額を増やしてもいい?

5月 19, 2017

チャンスと思って飛びついたら意外な罠が!? NISA(少額投資非課税制度)では毎年120万円の非課税投資枠が設定されて、運用益にかかる20.315%の税金が5年間非課税になります。 米トランプ政権の不透明感で相場が荒れ模様になっていますが、 今年の1月から資産運用に...

続きを読む »

ロシアへ機密情報を漏洩?トランプ・スキャンダルで円高株安に 投資額の縮小も考えるべき?

5月 18, 2017

トランプ・スキャンダルが相場に影を落とす? トランプ・スキャンダル 昨年の米大統領選に対するロシアの関与とトランプ陣営の関係について捜査していたFBI長官の突然の解任や、機密情報をロシア外相に漏らしていたのではないかという新たな疑惑、司法妨害の可能性の浮上などトラン...

続きを読む »

好調さで話題になった投資信託に飛びつくとその後の成績は…?分散投資は万能ではないけれど

5月 17, 2017

赤の広場(ロシア) トランプ米大統領の新たなロシア疑惑がFBI長官の解任とともに市場にも暗い影を落とさないか懸念されています。 ところで2016年はリオ・オリンピックのあったブラジルと並んでロシア株も好調でした。「HSBC ロシア オープン」というロシア株式に投資す...

続きを読む »

低コストな『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』だけどバランス投信にも運用成果を求めるなら?

5月 15, 2017

マーライオン(シンガポール) 「eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)」シリーズは、機動的に信託報酬を引き下げることによって常に業界最低水準の運用コストをめざすとうたっています。 2017年5月9日よりバランスファンドの『 eMAXIS Slim バランス(...

続きを読む »

米国株vs新興国株vs欧州株vs国内株vs先進国株 米大統領選後の成績は?予測困難だからこそ大事なのは?

5月 14, 2017

ニューヨーク グランドセントラル駅 ※  記事の最後に2017年8月31日現在のデータを追記 しています。 アメリカ大統領選後の投資信託の成績 (過去6カ月以内の騰落率)を 地域ごとに比較 してみました。 対象は『i-mizuho米国株式インデックス』、『i-m...

続きを読む »

個人型確定拠出年金の商品数上限も35本に 65本あるSBI証券は削減が必須 残してほしい商品は?

5月 12, 2017

たくさんいる(ある)と選べない? iDeCoにも商品数の上限が ニュースによると確定拠出年金の運用に関する専門委員会での議論の結果、企業型確定拠出年金だけでなく個人型確定拠出年金(iDeCo)でも運用商品数に 35本という上限 が設定される見込みになったようです。 ...

続きを読む »

「定期預金と同時に投資信託を申し込むと定期預金が特別金利(7%)に!」は本当にお得?

5月 07, 2017

ある銀行で定期預金と同時に投資信託を一定額以上申し込むと定期預金が特別金利になるというキャンペーンをやっています。 定期預金と投資信託の割合によって3カ月もの定期預金の金利が最高7%にアップする(投資信託の割合が高いほど高金利)というものです。 本当にお得なのかどう...

続きを読む »

ニッセイ、たわら、iFreeなど日経225インデックスファンドの騰落率は?日経とTOPIXの違いは?

5月 06, 2017

日銀のETF(上場投資信託)買入の影響も気になりますが… ※ 記事の最後に 2017年9月4日現在のデータを追記 しました。 『たわら』や『iFree』の登場など、最近、インデックスファンドの一層の低コスト化が進んでいます。ニッセイの『<購入・換金手数料なし>』シリ...

続きを読む »

NYダウに投資するメリット・デメリット eMAXIS、SMT、iFree、たわら各社NYダウ投信の成績は?

5月 05, 2017

※ 記事のデータを更新しました(2017年11月21日)。 米国株式の人気ぶりを反映してか、 NYダウ(ダウ・ジョーンズ工業株価平均) に連動するインデックス型投資信託(インデックスファンド)を複数の会社が設定しています。 NYダウに投資するメリットとデメリット に...

続きを読む »

リーマンショック前後で投資信託(外国株式インデックスファンド)は半値どころか3分の1に

5月 03, 2017

利上げを進めているアメリカだけでなく、ヨーロッパも昨年の12月に中央銀行が量的緩和の延長を決めたものの債券の買い入れ額の減額を発表するなど金融引き締めに徐々に着手しつつあるようです。 金利の上昇がいずれは不動産市況や株式市場にも影響を与えるかもしれないですね。百年に一度...

続きを読む »

ニッセイ、たわら、eMAXIS Slimなど国内株式インデックス投信の過去1か月~2年の騰落率は?

5月 02, 2017

ファンド選びは悩ましいですが大切なことは? 「たわら」や「iFree」の登場や三井住友の確定拠出年金用ファンドの一般販売など、最近、インデックスファンドの一層の低コスト化が進んでいます。 ニッセイの「<購入・換金手数料なし>」は信託報酬の引き下げに積極的です。将来に...

続きを読む »