電力会社の変更で年間約1万2千円の節約に?東京電力からENEOSでんきに乗り換えを検討

電力会社の変更で年間約1万2千円の節約に?

電力会社の変更を検討

以前に電力会社の変更を検討した時は、電気の使用量が少ないとむしろ割高になる可能性もあったので保留していました。

ENEOSでんきに新しい料金メニューが導入されていたので再検討することにしました。

ENEOSでんき料金メニュー

基本料金は東京電力と変わりありません。

基本料金

従量料金はやはり電気の使用量が多いほうが東京電力との差額が開きやすいようです。

従量料金
2017年5月現在

最初の120kWhまでは東京電力と同一料金ですが、通常1年契約のところを2年契約にすることで割引が受けられます。契約期間の途中で解約した場合の違約金は1,080円です。

割引料金


停電が多くなることはないの?

Q&Aのコーナーで「停電が多くなることはないの?」という疑問に対し、次のように回答しています。

出典:ENEOSでんきのWEBサイトより引用
http://www.noe.jxtg-group.co.jp/denki/about/deregulation.html

「ENEOSでんき」に変えたから停電が多くなるということはありません。「ENEOSでんき」は一般送配電事業者の送配電網を利用して電気を供給しており、万一、自社発電所が停止したとしても、復旧までの間は電力卸取引市場からの調達などで電気を供給いたします。
ただし、落雷等で送配電網自体にトラブルがあった場合は、ご契約の小売電気事業者に関わらず影響を受けたエリア全体が停電となります(今までと変わりません)。

料金シミュレーターの結果は?

料金シミュレーターの結果は、60Aで年間使用量5,309kWhの場合(4~5人家族に相当)、

東京電力(従量電灯B) 155,785円
ENEOSでんき(Vプラン+にねん割) 143,305円

となり、差額は12,480円でした。

多少割り引いて考えても長期で考えると固定費削減の効果は大きいので、電力会社の変更を申し込むことにしました。

2018年3月末までに申し込むと初月の電気料金から3,000円割引キャンペーンも実施中です。

ガソリン等の割引やTポイントが貯まる特典など、詳しくはENEOSでんきのWEBサイトをご覧ください。




関連記事
ラテマネー 朝やお昼の100円コーヒーのかわりに投資信託を10年積み立てたら、いくらになる?
もし年末に宝くじを買う代わりに投資信託を10年間、毎年積み立てたら、いくらになる?
安全資産の置き場所を考える ネット銀行のATMの使い勝手は?コンビニで利用できる?手数料は?
使い道のないテレホンカードをNTTに送って通話料金の支払いにあてました

楽天Koboお金は寝かせて増やしなさい【電子書籍】[ 水瀬ケンイチ ]
Amazon Kindle貯金ゼロ・知識ゼロ・忍耐力ゼロからのとってもやさしいお金のふやし方【電子書籍】[ 竹川美奈子 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログのリンク集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログのリンク集
ブログ村 資産運用
資産運用が話題のブログのリンク集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング

0 件のコメント