株価下落時の楽天・全世界株式、全米株式の騰落率を8資産均等型や世界経済インデックスファンド等のバランス投信と比較


2018年2月5日、アメリカの株価(NYダウ)は1,100ドル以上値下りし、2月6日の日経平均株価も1,000円以上値下がりしました。

世界同時株安とニュースで報道される中、『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』や『楽天・全米株式インデックス・ファンド』の騰落率をバランス型投資信託と比較してみました。

比較の対象は『<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)』、『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』、『世界経済インデックスファンド』です。

楽天・全世界株式ほか特徴は?

楽天・全世界株式インデックス・ファンド』は、日本を含む全世界の株式市場の動きをとらえることをめざして、「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果を目標として運用を行います。

投資対象指数は先進国や新興国市場を含む約47ヵ国の約8,000銘柄で構成され、全世界の投資可能な市場時価総額の98%以上をカバーしています。

投資対象指数に連動する『バンガード・トータル・ワールド・ストックETF』が実質的な投資先です。

2017年12月末現在、同ETFは日本を含めた世界各国の大型株、中型株、小型株、合わせて7,985銘柄に投資しています。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFの上位10ヵ国と上位10銘柄
2017年12月末現在

楽天・全米株式インデックス・ファンド』は、米国株式市場の動きをとらえることをめざして、「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果を目標として運用を行います。

投資対象指数は米国株式市場の投資可能な銘柄のほぼ100%をカバーしています。

投資対象指数に連動する『バンガード・トータル・ストック・マーケットETF』が実質的な投資先です。

2017年12月末現在、同ETFは米国の大型株、中型株、小型株、合わせて3,638銘柄に投資しています。

バンガード・トータル・ストック・マーケットETFのセクター別構成比と上位10銘柄
2017年12月末現在

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)』は、日本と先進国の株式および債券に分散投資します。

eMAXIS バランス(8資産均等型)』は、日本と先進国と新興国の株式および債券、日本と先進国のREIT(不動産投資信託証券)に分散投資します。

世界経済インデックスファンド』は、日本と先進国と新興国の株式および債券に分散投資します。

4資産均等型、8資産均等型、世界経済インデックスファンド基本投資割合
世界経済インデックスファンドの構成比は2017年8月末現在

今回取り上げた投資信託は原則として為替ヘッジは行いません。信託期間はすべて無期限です。

楽天・全世界株式ほか騰落率は?

2018年2月6日現在
過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません

購入時手数料は上限の数字です。販売会社によって異なり、ネット証券など無料の場合もあります。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド』も『楽天・全米株式インデックス・ファンド』も設定来(2017年9月29日~2018年2月6日)騰落率では、まだプラスに踏みとどまっています。

月初来(2017年2月1日~6日)や年初来(2018年1月4日~2月6日)騰落率では、株式市場が下落しているだけあって、やはりバランスファンドよりマイナス幅が大きくなっています

世界同時株安と言われる状況では仕方ないのかもしれませんが、上記の期間では世界の株式に幅広く分散しているはずの『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』も、『楽天・全米株式インデックス・ファンド』とマイナス幅に大きな差はないようです。

まとめ

楽天・全世界株式インデックス・ファンド』は、投資信託一本で世界の株式に幅広く投資できるのが嬉しいですよね。

楽天・全米株式インデックス・ファンド』は、世界経済の中心であるアメリカの株式を大型株から小型株まで網羅しています。

どちらも魅力的な投資信託ですが、債券を含まない分、バランスファンドに比べると、どうしても値動きは大きめです。

株式だけでなく債券やREIT(不動産投資信託証券)など複数の資産に分散してリスク(収益のぶれ幅)を抑えたいなら、バランスファンドも選択肢に入るかもしれませんね。

こぼれ話
投資資金に余裕があってNISAやiDeCoなどの非課税メリットを最大限に生かしたい場合には、これらの非課税口座に期待リターンの高い株式を、特定口座などの課税口座に債券等を割り当てるといった方法もあるでしょうか。

万が一の時に慌てないためには、個人向け国債や預貯金などの安全資産の確保も忘れないようにしたいです。




関連記事
世界中で株価下落 全世界株式投信でマイナス幅が小さいのは?楽天・全世界株式、EXE-iつみたてグローバル株式、野村つみたて外国株ほか
逆風下の実力は?『たわらノーロードplus 先進国株式低ボラティリティ高配当戦略』を「ひとくふう」や「たわらノーロード」と比較 含み益の減った今が投信を整理するチャンス!?
市場が荒れ模様の時は中小型株投信は本当に値動きが大きい?TOPIX連動型とJPX日経中小型、ジェイリバイブ、ひふみプラスを比較
世界同時株安?8資産均等型、世界経済インデックスファンド等バランス型投資信託の騰落率と積立・分散投資が効果を発揮する条件とは
日経平均2万3千円割れ 日経平均、NYダウ、先進国株式、新興国株式対象の投資信託の騰落率を確認 積立投資を継続するコツは?
実績比較『楽天・全世界株式』『楽天・全米株式』バンガード社は米国株価は過大評価と警告
S&P500に採用されている企業の海外売上高は40%以上!米国株式のみでもグロバール投資と言える?
為替リスクを軽減『Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型』のリターンとリスクを8資産均等型や世界経済インデックスファンドと比較
『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』の純資産総額がiFree 8資産バランスを逆転 両者の成績と実質コストは?
NISA iDeCo シンプルに投資信託一本で行くなら 定番のバランス型投信を選ぶ時のポイントは?
ラテマネー 朝やお昼の100円コーヒーのかわりに投資信託を10年積み立てたら、いくらになる?

楽天Koboお金は寝かせて増やしなさい【電子書籍】[ 水瀬ケンイチ ]
Amazon Kindle貯金ゼロ・知識ゼロ・忍耐力ゼロからのとってもやさしいお金のふやし方【電子書籍】[ 竹川美奈子 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログのリンク集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログのリンク集
ブログ村 資産運用
資産運用が話題のブログのリンク集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング

0 件のコメント